所有している土地に注文住宅を建てたらかなりお金がかかった上に機能性がありませんでした。

今から3年ほど前に夫の実家が所有している土地に注文住宅を建てました。夫の実家が自営で建築関係の仕事をしているということもあって、建築に関わった全ての人が義父の知り合いもしくはその関係者という状態でした。

 

土地は購入しなくてもいいし、知り合いに全て建築を依頼しているのであればそれほど費用はかからないだろうと思っていたのですが、実際には約2000万円かかってしまいました。周囲には注文住宅で土地代を入れなければ2000万円前後になったという話は聞いていなかったので、どうしてこんなに値段が高くなったのだろうと思いました。実は内装や設備など一部のものに関しては私と夫でどれにするかを決めたのですが、瓦やドア、窓や外壁などは全て義父の独断で決めていたのでいちばんいい素材のものを選んでいたことからかなり値段が高くなってしまったようです。しかし問題は値段が単に高かったということだけではありませんでした。実際住んでみると夏場は非常に暑く、冬場は異常に寒いのです。実は後から聞いたのですが断熱材については一応使用されているものの、それほど高機能のものを使用していなかったということがわかりました。私の住む地域は山間部であり、冬は特に北風が直撃しやすい地域なのでとても寒いのです。それゆえ冬場の室内は暖房を効かせなければ外部の気温とそれほど変わりない状態になっています。

 

逆に夏場は外は涼しい日も多いのですが、直射日光が当たりやすい環境にあるため室内は外部よりもはるかに温度が高くなり、ひどいときは40度を超えることもあります。そのため夏場は窓を開けても室温が下がることはなく、自宅にいる時は常にエアコンをかけている状態です。このように身内に建築関係の者がいるからといって半分お任せしてしまったことで理想の家が作れず、残念な思いをしてしまいました。今後は光熱費を少しでも下げられるような工夫をして自宅で快適に暮らせる方法を見つけたいと思っています。

 

正直、注文住宅無料相談は一回参加しておくべきだったと後悔しています。

 

注文住宅の難しさ

高気密で高断熱を謳っている工務店が気に入って、注文住宅を建てました。モデルハウスは部屋の仕切りがあまりなく、ひとつの大きな空間の様で解放感があり、大きめなエアコンでほぼ賄っているという作りでした。「エアコン一つで家じゅう暖か」と言われ、電気代がかなり節約できるのではないかと、大きな期待をしていました。

 

 しかし、私たち夫婦は、プライバシーの問題も視野に入れて、ちゃんと部屋が仕切られている家を建てました。その為、エアコンの風が逃げない様に、リビングのドアはいつも閉めています。その為、廊下を含めた他の部屋がとても暑かったり寒かったり・・・結局は実家と同じだな〜なんて思ってしまいました。

 

 そして、高気密高断熱がゆえに、気付いてしまったのです。春のぽかぽかと外は気持ちがいい日、家の中は寒いのです。もちろん外が少し暑い時に、室内が涼しくて気持ちがいい時もあります。しかし、春のうららかな日、室内が寒いのはなんだか残念な気持ちになるのです。

 


出典:https://orderhouse.biz/

 

 それから冬のお風呂がとても寒いです。寒くて体を洗うのもつらい程です。工務店の方に、話してみたのですが、「他のお客さんで、同様のことを言う人はいませんよ。」との事でした。なぜ家だけが!!と疑問だったのですが、私は窓の大きさが問題ではないか、と考えました。うちの窓は、かなり大きいのです。正直ここまでの大きさを求めていたわけではないのですが、横にスライドする窓はこのサイズしか選べなかったのです。仕方ないのでホームセンターで売っている断熱シートを買ってきて窓の全面に貼りました。そして入浴時、ちょっとだけ寒さが和らいでいました。やっぱり原因は窓だったのです。そのことを工務店に伝えたら、「窓は断熱に一番影響します」と。それを知っていたら、私は無理を言ってでも他の窓を探してつけてもらいました。

 

 注文住宅はある程度素人が好きなように選べたりできるので、時には知識不足でそれがちょっと失敗する事もあるように感じました。しかし、選べるからこそ、自分好みにできるというのが最大ののメリットです。私はいろいろ不満もありますが、やっぱりこの家は気に入っています。かわいいドアにきれいな緑色の屋根、お気に入りのかわいいクロスは見る度に満足感を味わっています。